私の美容録(男)

私が調べたり試した美容記録

スキンケアと生活習慣(睡眠)

美肌を目指すのであれば、スキンケアをするだけでなく、生活習慣も整えることが大切です。

生活習慣が乱れてしまうと、もしスキンケアに力を入れていても、肌悩みが続いてしまうこともあります。

肌は日々の生活によって積み重ねられていくため、肌と生活習慣は切っても切れない関係なのです。

美肌を目指すのであれば、質の良い睡眠を取るよう心がけましょう。

 

睡眠中の身体は、成長ホルモンが出ていると言われています。成長ホルモンは身体の代謝に関わり、肌の働きをサポートすると言われているため、とても重要と言えます。したがって、睡眠が不足すると、さまざまな肌悩みへと繋がってしまうと言われています。

とは言っても、一般的に理想だと言われている7時間~8時間の睡眠時間をとるのは、忙しい現代人には難しいかもしれません。そこで、「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる時間に質の良い睡眠をとることが重要になるのです。肌のゴールデンタイムとは、入眠後、約3時間~4時間のことを指し、成長ホルモンにの量が増えると言われています。

この時間に深く質の良い睡眠がとれるよう、食事は眠る2時間前までには済ませておくなど、身体の状態や環境を整えるようにしましょう。

 

スキンケアの方法(紫外線対策、UVケア)

うるおい美肌を目指すには、紫外線対策を行うことも重要です。
紫外線は、肌の乾燥など、さまざまな肌悩みの原因になると言われています。

 

美容成分(ヒアルロン酸)

ヒアルロン酸配合の化粧品は、肌にうるおいを与えてくれます。

体内のヒアルロン酸の量が減少すると、肌のうるおいが低下し、カサつきの原因になると言われています。

ヒアルロン酸は成分表記において、「ヒアルロン酸Na」「加水分解ヒアルロン酸」「アセチルヒアルロン酸」などと表記されていることがあります。

 

美容成分(セラミド)

セラミド配合の化粧品は、肌の水分を補い保ってくれます。

セラミドの中でも、「ヒト型セラミド」は、人間の体内に存在するセラミドと似た作りであると言われています。ヒト型セラミドは、成分表記において「セラミド」の後ろに数字かアルファベットが表記されています。(例:セラミド1)

スキンケアの方法(保湿)

洗顔をすることで清浄な状態になった肌に、保湿のお手入れを行いましょう。
キメの整った美肌のためには、お手入れで肌にうるおいを与え、水分と油分を補うことが重要です。
化粧品には、化粧水、乳液、美容液、クリーム、ジェルなど、さまざまな種類があります。
自分の肌質を理解し、肌に合う組み合わせを見つけましょう。
例えば、保湿成分に着目して選ぶことも1つの選び方です。

スキンケアの方法(洗顔)

クレンジング後は、正しい洗顔を行いましょう。
メイクをした日は、クレンジングと洗顔を両方行うことが基本になります。(クレンジング料によっては、クレンジングと洗顔が同時にできるものもありますので、確認してから使用し始めるようにしましょう。)
クレンジング料はメイクを落とし、洗顔料は汗やほこり、余分な皮脂、古い角質などを洗い流すという、それぞれ別の役割があるからです。
さらに、洗顔には肌に残っているクレンジング料を洗い流すという役割もあると言われています。
しっかり洗顔をすることによって、肌が清浄な状態になり、次の保湿のお手入れをする準備が整います。

 

スキンケアの方法(クレンジング)

クレンジング

すこやか美肌のためには、クレンジング料でメイクをきれいに落とし、肌をすこやかで清潔に保つことが大切になります。
その後に行う洗顔やスキンケアのためにも、まずはしっかりとメイクを落としきりましょう。
メイクが肌に残っていると、メイク汚れが毛穴に詰まり、ニキビなどの肌荒れへと繋がりやすくなると言われています。
そのため、メイクを落とさないで寝る、ということは避けましょう。
それがたった一日だとしても、繊細な肌にとっては大きな負担になりえます。疲れていてもメイクは落とすよう心がけましょう。